2012年03月18日

ウラル M66

ural.jpg

ロシアのIMZ社は世界でも珍しいサイドカー専業のメーカーです。

ご覧のようにBMWのコピーです。

第二次世界大戦中に優れたオートバイを製造するため、BMW−R71の設計図を入手したソ連は、フル・コピーのIMZ-M72を生産します。

元々の設計が素晴らしいため、M72も広くサイドカーとして生産されました。

ドイツに勝ったソ連はBMW社の工場を接収し、R75の単車後輪+船の2輪駆動技術を手に入れ、現在に至っています。

このM66は当然ながら排気量649ccのOHVで32PSを発生します。

IMZ社はもともとモスクワで生産していましたが、大戦中首都攻撃に備えウラル山脈に工場を疎開させたため、車名にウラルを用いるようになりました。

現在でもサイドカーを作り続け、その外観は軍用車そのものなのが面白いですね。

http://www.ural-jp.com/

中国ではこのウラルをさらにコピーした”長江”があり、BMWのRシリーズの優秀さを物語っていると思います。

以前1WDのサイドカーを運転したことがありますが、独特のハンドリングが相当難しく、手強かったです。

2WDは比較的運転しやすいそうですね。

かなりの山道でも走破性が高いようです。












posted by うるとら-T at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Ural (ロシア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。